PMI認定研修

Project Management Institute (PMI)ラーニング・ツリーはPMIの
認定教育プロバイダーです

ラーニング・ツリーは、世界最大のプロジェクトマネジメント協会Project Management Institute (PMI) の認定教育プロバイダーATP (Authorized Training Partner) です。PMIのPMP資格取得を目指している方や、CCR(Continuing Certification Record)すでに取得した方の更新のために必要なPDU(Professional Development Unit)取得も可能な、多くのプロジェクトマネジメント関連、アジャイル関連、ビジネススキル関連の研修コースをご提供しています。

PMP の資格をお持ちの方がラーニング・ツリーの研修コースを受講し、PDU を申請される場合は下記の「PDU 申請の手順」をお読みください。

PDU対象コース

※一社研修のPDU数は実施の日数が変わった場合、変更されます。

プロジェクトマネジメント

タイトル 日数 PDU テクニカル リーダーシップ ストラテジック 公開
講座
一社
研修
【入門編】1日で学ぶプロジェクトマネジメントの基礎 2 14 未定 未定 未定 詳細 詳細
【基礎編】プロジェクトマネジメント:成功のための技能 2 14 11 3 0 詳細 詳細
【基礎編】プロジェクトマネジメント:アジャイルとウォーターフォール 1 7 4 2 1 詳細 詳細
【応用編】上級プロジェクトマネジメント 3 21 14 3 4 詳細 詳細
【応用編】グローバルプロジェクトマネジメントの基本~異文化・リスク・契約~ 2 14 9 4 1 - 詳細
【応用編】不確定な状況下でプロジェクトを成功させる リスク・マネジメント 2 14 13 1 0 - 詳細
【応用編】プロジェクト品質マネジメント 2 14 13 0 1 - 詳細

アジャイル開発

タイトル 日数 PDU テクニカル リーダーシップ ストラテジック 公開
講座
一社
研修
【基礎編】アジャイルの基礎:はじめてのスクラム 1 6 6 0 0 詳細 詳細
【基礎編】スクラムを利用したアジャイルプロジェクトマネジメント(ケーススタディ演習付) 2 14 12 0 2 詳細 詳細
【ソフトウェア開発者向け基礎編】
アジャイル開発の基礎:スクラム+実装プラクティス
1 6 6 0 0 - 詳細
管理職として知っておくべきアジャイルの概要とポイント 0.5 4 3 1 0 詳細 詳細
アジャイルのテストと品質 0.5 4 4 0 0 詳細 詳細
効果的なユーザーストーリー 1 - - - - 詳細 詳細
アジャイルチームのための効果的なファシリテーション 1 7 5 2 0 詳細 詳細
アジャイルのテスト駆動開発と自動化(マシン演習付き) 2 14 14 0 0 詳細 詳細
スケーリング・アジャイル:自社向けカスタマイズのための処方箋 2 14 12 1 1 - 詳細
ソフトウェア開発部門ではない人のためのアジャイルなワークスタイル入門 1 6 4 1 1 詳細 詳細

ビジネスアナリシス

タイトル 日数 PDU テクニカル リーダーシップ ストラテジック 公開
講座
一社
研修
ビジネスアナリシス概論 3 17 9 1 7 - 詳細
顧客の期待に応えるソリューション構築のためのビジネス分析手法 2 14 8 0 6 詳細 詳細
ユーザー要件の識別と確認:プロジェクト成功へのカギ 2 14 6 0 8 - 詳細
ソフトウェア開発を成功させるユーザー要件とシステム要件 3 21 16 2 3 - 詳細
ソフトウェアシステム分析と設計 4 23 - - - - 詳細
競争優位性を高めるためのビジネスプロセス革新 4 23 - - - - 詳細

ヒューマンスキル

タイトル 日数 PDU テクニカル リーダーシップ ストラテジック 公開
講座
一社
研修
ワールドクラス・マネジメントスキル 2 14 6 8 0 詳細 詳細
ワールドクラス・コミュニケーションスキル 2 14 9 5 0 - 詳細
上級パワーアップコミュニケーションスキル 2 14 - - - - 詳細
変革のマネジメント:人とプロセス 3 21 - - - - 詳細
卓越したカスタマーサービスを実現する 3 21 2 10 9 - 詳細

ソフトウェア開発

タイトル 日数 PDU テクニカル リーダーシップ ストラテジック 公開
講座
一社
研修
ソフトウェア開発を成功させるユーザー要件とシステム要件 3 21 16 2 3 - 詳細
ソフトウェア品質保証 3 21 18 1 2 - 詳細
効果的なソフトウェアのテストと静的技法 3 21 20 1 0 - 詳細
ソフトウェアシステム分析と設計 4 23 - - - - 詳細
ソフトウェア構成管理 3 21 20 1 0 - 詳細

PDU申請の手順

PDU(Professional Development Unit) とは、PMP資格の維持に必要な継続学習を定量的に認定するための単位で、1PDUは1時間に相当します。PMP資格保有者は、CCRサイクルの期間(3年間)に最低でも60PDUを取得しPMIに報告しなければなりません。

PDU対象となるアクティビティは、以下の5つのカテゴリーに区分されています。 ラーニング・ツリーのコースを受講して取得したPDUはカテゴリーAに相当します。

カテゴリーA ・・・・・・
PMI のREP が提供するプログラム及びPMIやPMI支部、PMI実務コミュニティが提供するイベント

カテゴリーB ・・・・・・
REP以外の研修機関が提供するプログラム、大学などで提供されるアカデミック・コース

カテゴリーC ・・・・・・
個人学習(研究、自習)

カテゴリーD ・・・・・・
プロジェクトマネジメント知財の新規開発

カテゴリーE ・・・・・・
ボランティア活動

カテゴリーF ・・・・・・
プロジェクト・マネジャーとしてのプロフェッショナル活動

PDU申請方法は下記のとおりです。

1.PMI本部Webサイトからのオンライン申請
※PMI本部Webサイトのサービスを利用するためには、非会員の方も含めてユーザ登録が必要となりますので、ご注意ください。

2. オンライン申請ができない場合
オンライン申請ができない方は、PMIのWebページのCCR ReportingForms からCCR Activity Reporting Formをダウンロードし、必要事項を記入の上、下記宛に郵送またはFAX する。

Project Management Institute
Attn.: CCR Records Office 14 Campus Blvd.
Newtown Square, PA 19073-3299 USA Fax: +1 484 631 1332

PMIにPDUを申請する際に必要な弊社のプロバイダ番号と各コースのプログラム番号は、コース終了時に受講者の皆様にお知らせします。PDU申請は各人が責任をもち行うものです。PMI倫理・職務規定に基づき申請してください。

また、申請したアクティビティがカテゴリーの要求事項を満たすものであるかを証明あるいは補完する書類は、個人が保管し、無作為抽出の監査対象となった場合のために、CCRサイクル終了後も、少なくとも18ヶ月は保管して下さい。

上記PDU申請のご案内は、あくまでも要約であり、情報は随時更新されます。詳しい申請方法、最新の情報に関しましては、PMI本部/PMI日本支部Web サイトをご覧ください。