【ワールドクラスのオンサイト(一社)研修】
プロジェクトマネジメント:アジャイルとウォーターフォール

コース番号:316Z
日数:2日間
形態:ワークショップ
PDU:14PDU (Technical: 未定, Leadership: 未定, Strategic&Business: 未定)

研修コースの概要

ソフトウェア開発におけるプロジェクトマネジメント、ウォターフォールデリバリー、アジャイルデリバリーを理解し、どの手法であっても成功するプロジェクトマネジメントの基礎を学びます。このコースでは、技法を理解するだけでなく、状況毎に使い分ける対策も考察します。今日の有能なプロジェクト・マネジャーはステークホルダーと協力して顧客にとって最も価値のある製品をデリバーすることを目指さねばなりません。また、両者のデリバリーのアプローチにこだわらず、プロジェクトを成功させるためにファシリテーター及び支援者としてプロジェクトマネジメントの価値を理解する必要があります。このコースはプロジェクトを遂行するためのシンプルで実用的なヒントを提供し、成功への道のりを理論付ける考え方を学びます。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • プロジェクトマネジメントのプロセスと役割を理解する
  • アジャイルとウォーターフォール両方のアプローチを理解し、異なる手法を効果的に適用する考え方を理解する
  • スクラムとウォーターフォールにおけるプロジェクトマネジメントのアプローチを比較する
  • 開発手法に応じた見積りと変更管理を適用する
  • プロジェクトチームの人的要素の理解を深める
  • ソフトウェア開発プロジェクトを成功裏にデリバーする

この研修の対象者

ソフトウェア技術者、プロジェクトマネジメントのスキルセットを強化する必要がある人、アジャイル、ウォーターフォール両方を理解する必要がある人、プロジェクトマネジメントの経験を深めたい人、基本的なプロジェクトマネジメントの知識、スキル、ツールを再確認したい人に役立つコースです。

コース内容

ソフトウェア開発プロジェクト

  • プロジェクトマネジメントの役割
  • リスクマネジメント
  • プロジェクトマネジメントプロセス
  • プロジェクトのキックオフ
  • プロジェクトリスク
  • デリバリーアプローチ

構造型(ウォーターフォール)手法のアプローチ

  • 構造型(ウォーターフォール)手法による計画
  • プロジェクトの構造化
  • プロジェクト計画
  • WBSとネットワークダイアグラム
  • マイルストーンとガントチャート
  • 計画と決断

構造型(ウォーターフォール)手法のプロジェクトマネジメント

  • • ステークホルダーとプロジェクト・マネジャー
  • 進捗のメトリック
  • 計画的なコントロール
  • 構造型(ウォーターフォール)プロジェクトの追跡

アジャイルアプローチ

  • アジャイル手法による計画
  • スクラムの仕組み
  • アジャイルフレームワーク
  • スクラム
  • アジャイルの計画
  • ユーザーストーリー

アジャイルの追跡とコントロール

  • 情報の可視化
  • 大規模アジャイルプロジェクト
  • 進捗の追跡
  • アジャイルのマネジメント

見積りと変更管理

  • 見積りの精度と不確定要素
  • 変更のマネジメント
  • 見積りの手法
  • 変更管理の考え方

人が全て

  • 成功への道筋
  • プロジェクトに適した手法
  • モチベーション
  • 3つのマネジメント手法の選択

コースの演習とディスカッション

  • プロジェクト目標の定義
  • 成功の条件
  • WBSの作成
  • マイルストーンマップの作成
  • 作業ストリームのコントロール要素
  • ロードマップの作成
  • タスクの見積り
  • 変更へのスクラムの対応
  • ストーリーの作成
  • プロトタイプの設計