ワールドクラス・マネジメントスキル
コース番号:423S
日数:2日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:14PDU (Technical: 6PDU, Leadership: 8PDU, Strategic&Business: 0PDU)

研修コースの概要

プロフェッショナルが、新たにリーダーとしての責任を与えられたときに成功を収められるかどうかは、専門的な知識を補う、人間指向のマネジメントスキルをいかにすばやく習得できるかにかかっています。

このコースでは、リーダーシップ、権限委譲、動機づけ、自信と活力の与え方、コミュニケーション、そしてビジョンといった結果を出せるマネジャーの主要なスキル、ベストプラクティスおよび行動パターンに加えて、メンバーの能力を最大限に引き出す強力なテクニックを習得します。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • リーダーシップとマネジメントの責任と機能の違いを認識する
  • 顧客視点とステークホルダーとの信頼関係構築の重要性を認識する
  • マネジャーの具体的な行動モデルを認識し、実践化する
  • チームメンバーのモチベーションを高める
  • EQ力への理解と開発法
  • 人を育てる権限委譲方法
  • パフォーマンス・マネジメントについての認識と実践化
  • チームとチームワークの構築

この研修の対象者

現在マネジャーとしてチームを率いている方、又は今後リーダー、マネジャーとして成功する為のスキルを身につけたい方。

コース内容

リーダーシップ・インテグレーション 顧客とステークホルダーの特定

  • 明確な期待の確立
  • ステークホルダーのマッピング
  • ステークホルダーの期待の識別と分析

マネジャーの役割モデル

  • マネジャーであることの意味
  • マネジャーの役割モデル

部下の能力を最大限に引き出す動機づけの手法

  • 動機づけ理論の要約と実践化
  • 部下と直属のマネジャーとの関係

リーダーシップとEQ力の開発

  • リーダーシップとEQ
  • EQの開発

能力とモチベーションを引き出す権限委譲

  • 権限委譲:重要なツール
  • 権限委譲のプロセス

パフォーマンスのマネジメント

  • パフォーマンスのマネジメント
  • コーチング
  • チームの妨げとなる行動のマネジメント

チーム構築

受講者の声

「今の自分を感じることもでき、これから新たなマネジメントの行動を起こさなければならないという危機感を実感できた。何から手をつけるか分からない状況から、必要なスキルを研修で学ぶことができた。」

「知識だけでなく、実践形式で体験できたので、素晴らしかった。また、リーダーとしてのスキルを体系化、可視化でき、TO BE と設定して、それに向けて準備したい。」

「マネジメントとリーダーシップの違いについてのヒントが習得できました。また、役割についても明確になりました。」

「研修受講前は、チームリーダーに対するイメージがほぼなかったが、この研修を受け、チームマネジメントに対する具体的なイメージ、目標設定ができるようになった。」

「限られた時間の中、密度の濃い内容で、マネジメントの基礎を学ぶことができた。」

「マネジメント、リーダーシップの必要性について自身で整理ができ、今後の仕事に活かしていきたいと思った。」

「グローバルで適用するマネジメントの体系を網羅的に解説してくれた。」