ソフトウェア品質保証
コース番号:394P
日数:3日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:21PDU (Technical: 18PDU, Leadership: 1PDU, Strategic&Business: 2PDU)

研修コースの概要

品質の低い製品やシステムを開発納入してしまうことは、組織の存続に関する重大な問題です。社内システムの場合でも、業務や組織の生産性を低下させる大きな問題です。テストを効果的に実施する事はもちろんですが、プロジェクトの初期段階から品質を確保するという品質保証の考え方を正しく理解し、組織や製品の特性に合わせて適切に実施することにより、品質に関する問題の多くを予防し減少させることができます。

このコースでは、この品質の作りこみという考え方を中心として、受講者の組織に合わせてカスタマイズできる実証済みの品質保証の技法を学習します。コースの最後に、ケーススタディを使って実際のプロジェクトに適用できるスキルを習得します。

Project Management Institute

この研修では次のスキルが習得できます

  • 製品やシステムの特性や規模に適した品質目標を設定する
  • 品質目標に基づいて、ソフトウェア品質保証(SQA:Software Quality Assurance)活動を計画する
  • ウォークスルーやインスペクションなどを活用して、要件定義、設計、プログラミング段階で品質を作りこむ
  • テスト段階における様々なテストを効果的に実施して、最終製品の品質を達成する
  • 監査を実施してプロセスや規則が遵守されていることを確認する
  • 様々なメトリクスを使って、問題点を事前に認識し対策を取る

この研修の対象者

ソフトウェア品質保証担当者、テスト担当者、ソフトウェア設計開発者、プロジェクト・マネジャー、および一般にシステム開発のプロジェクトで開発、テスト、またはプロセス改善を担当している方。

コース内容

ソフトウェア品質の基本

  • 製品の品質に関する視点
  • 品質のコスト
  • 変化し続ける業界動向
  • SQAの基本的な用語

ソフトウェアライフサイクル

  • ライフサイクルと方法論
  • エンジニアリングアプローチのアクティビティ
  • ウォーターフォール、V字型モデル
  • 反復型の開発アプローチ
  • アジャイルアプローチ

効果的なソフトウェア品質コントロール(SQC)

  • エラー検出の問題
  • ソフトウェア品質コントロールの方法
  • SQCの活動とSQAの役割
  • 「ピープルウェア」の使用
  • ウォークスルーとインスペクション
  • レビューと監査
  • アジャイル方法論におけるSQC
  • テストの方法と技法
  • テストの文書化
  • 予防と検出

インフラストラクチャーと支援活動

  • 構成管理の役割と機能
  • 構成管理とSQAの関係

品質システムの青写真

  • 推奨される青写真
  • CMMIに基づくソフトウェア品質保証ロードマッ

ソフトウェア品質保証機能の確立

  • SQAの主目的
  • 組織内での位置付け
  • SQAチーム構成
  • 品質監査
  • SQA成功の原則

メトリクスと報告書による品質の定量化と視覚化

  • メトリクスの基本的な考え方
  • 製品の品質
  • プロセス内におけるメトリクス
  • プロジェクトのメトリクス
  • 品質報告
  • ソフトウェア品質指標

品質計画の作成

  • 品質マニュアル
  • 品質計画

品質システムの認定取得

  • 認定
  • 認定の選択

受講者の声

「全体を通し品質とは何かという事をわかりやすく説明してもらった。また、実体験を基にした説明も良かった。」

「ケーススタディが豊富で、ディスカッションも盛り上がり、有益な研修だった。」

「指摘が的確で、参加者のモチベーションを高めつつ助言されていたので研修に前向きに取り組む事ができた。」

「座学で学んだことを実習を通して再確認できたことが特に良かった。」

「米国の事情なども含めて話して頂けたので、教科書的だけではない知識が得られたと思う。」