ソフトウェア開発を成功させるユーザー要件とシステム要件
コース番号:297U
日数:3日間(ご希望に合わせた日数・内容のカスタマイズが可能です)
形態:ワークショップ
PDU:21PDU (Technical: 16PDU, Leadership: 2PDU, Strategic&Business: 3PDU)
CDU:21CDU

研修コースの概要

要件の取りまとめは、あらゆるソフトウェア開発プロジェクトの要です。このコースでは、明確に定義されたプロセスを用いて、ソフトウェア要件を獲得する上で必要な知識とスキルを得ます。ユーザーとシステム要件を識別し、プロジェクトの性質に合わせてアプローチを選択し、要件モデルの妥当性確認を行うことを学びます。

Project Management Institute iiba

この研修では次のスキルが習得できます

  • ソフトウェアにより機能を実現するシステムの要件を開発する
  • ユースケースに基づいた要件モデルを開発する
  • ユーザー業務フローを書き下し要約する。ユーザー業務フローとユースケース簡略版並びに完全版を書く
  • モックアップを使用して、ユーザーインターフェースをモデル化し、データモデルを展開する
  • 要件の妥当性確認を行い、トレーサビリティーを確保する

この研修の対象者

ソフトウェアシステムの要件を、イニシアチブをとって作成、指揮、設計、テストまたは管理する方々を対象としています。UML使用経験は特に必要ありません。
ソフトウェア以外の開発環境でユーザー要件を特定する責任を負っている方はコース252E「ユーザー要件の識別と確認:プロジェクト成功へのカギ」をお勧めします。

コース内容

プロジェクトオリエンテーション

  • 要件エンジニアリング
  • 要件のアプローチ

ユーザーストーリーとシナリオ:ユースケースの簡略版

  • ユースケースの基本
  • 簡略版ユースケースの作成

機能要件の精緻化とユースケースの構造化

  • 繰り返しプロセス
  • 略式ユースケースの要素
  • 完全版ユースケースの作成
  • アクティビティー図の作成
  • ユースケース図の作成

拡張によるユースケースの精緻化

  • ユースケースの拡張

インタフェース要件の獲得

  • インタフェースモデル

データ要件の獲得

  • データモデル

非機能要件の獲得

  • 非機能要件
  • プロジェクト要件
  • プロセス要件

要件の妥当性確認とテストシナリオの作成

  • 妥当性確認
  • 静的手法
  • 動的手法
  • テスト手順

コースのまとめ

  • 要件開発技法
  • 手法の職場への適用

受講者の声

「今まで経験則で、あるいは思いつきで要件を定義していたが、本研修では体系化された内容になっているため、まとめた要件を正当化、説明できるようになった。」

「次のプロジェクトで使用する手法がたくさんあったので、必要性を意識し、実行していけると思いました。」

「メインフローや代替パス、ユースケース図と、少しずつ実践を通して学べるところがよかった。」

「簡易なケース設定であるにも関わらず、実習で実務において出現しそうな問題が出てくるのは、とても役に立ったし、驚きでもあった。」

「できないものはできない(お客に要件を提示してもらう、要件と設計を明確に分ける)ことがわかったので、どうすればできるかではなく、どう対処するかを考えることができるようになった。今まさに直面している課題だったので、とても実務に活かせる内容であった。」

「世界で標準的な要件整理の方法が得られた。」