アジャイル開発研修

アジャイル開発研修

ラーニング・ツリーは、アジャイル手法を習得したいプロジェクト・マネジャー、プログラム・マネジャー、ソフトウェアアーキテクト、アナリスト、プログラマー、設計者、チームリーダー、テスト担当者の方々向けの研修を提供しています。

ラーニングツリーの研修はより効率の良い開発環境の実現に貢献します。
ラーニング・ツリーのアジャイル開発研修の特徴
  • 北米で10年以上アジャイル開発・アジャイルPM経験のあるコンサルタントによる研修
  • 日本の現状と合わせて、どう導入していくかのアドバイスが可能
  • アジャイルの概念を学ぶコースから、実際の開発やプロジェクトマネジメントへの適用を学ぶコースも提供

アジャイル開発研修 活用事例

株式会社フロム・ソフトウェア 専務取締役 竹内 将典様

当社では、現場スタッフの生産性向上の意識改革を意図してラーニング・ツリー・インターナショナルの「スクラムを利用したアジャイルプロジェクトマネジメント」研修を活用しました。

昨今、当社とその業界を取り巻く環境は目まぐるしく動き、非常に大きな変化を感じております。そのような環境に対応するには筋肉質で柔軟な経営体制を構築する必要があり、そのためには社員一人ひとりのコスト、スケジュールに対する適切な意識と具体的な行動が必要と考えておりました。よって、今回の研修ではマネージャーだけではなく、現場で日々仕事をしているスタッフも参加し、それぞれがこれまでに経験的に得てきたものを、体系的に整理された俯瞰視点で見直す良い機会となりました。

研修内容は、概念的な部分がありつつも、実際の現場の内容に合わせて受講者が理解しやすくアレンジされるなど、通り一遍等な研修ではなく、より実践的ですぐに役立つように工夫されたものでした。そのため、スタッフもすぐに現場で実践、応用というステップに入りやすくなっていました。しばしば効果が疑問視されるこのような種類の研修において、実効果が出やすいものであると評価しております。

日立総合技術研修所様

日立総合技術研修所様

「1993年から研修を依頼しているラーニング・ツリーは、変わり続ける情報技術分野で必要な研修を一緒に考え、提案してくれる心強いパートナーです」

受講者の声

アジャイル開発研修コース

タイトル 公開講座 オンサイト研修 PDU対象 CDU対象
スクラムを利用したアジャイルプロジェクトマネジメント 詳細 詳細 -
アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発 詳細 詳細 -
アジャイルテスト駆動開発 詳細 詳細

※PDU とは、PMP® 資格の維持に必要な継続学習を定量的に認定するための単位です。
※CDU とは、CBAP の認定資格取得と認定資格の維持に必要な単位です。

アジャイル開発資料ダウンロード

ラーニング・ツリーでは様々な分野で役立てていただける資料をご提供しています。

  • アジャイルプロジェクト方法論とスクラムフレームワーク